• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > サッカー > 【U―23アジア選手権】8強進出の森保ジャパン“試練上等”!

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【U―23アジア選手権】8強進出の森保ジャパン“試練上等”!


 森保ジャパンにさらなるレベルアップが求められている。U―23アジア選手権でベスト8進出を決めた日本は16日、中国・江陰で1次リーグB組最終戦を戦い、北朝鮮に3―1と勝利した。3連勝でB組1位となった。

 日本は2020年東京五輪世代となる21歳以下の選手編成で臨んでおり、相手はすべて格上。この日は第2戦から先発メンバーを全員入れ替えて前半に2点のリードを奪ったが、後半は圧倒的に攻め込まれた。それでも選手たちは体を張って守り抜いた。

 スペイン1部バルセロナの下部組織出身で、五輪エース候補FW久保建英(16=FC東京)ら主力メンバーを招集できなかった森保一監督(49)は「選手たちが結果、勝利にこだわってプレーしてくれた。(先発を)総入れ替えした中、コンセプトを共有し、ハードワークしてくれた」と選手をたたえた。

 B組で1位突破した日本は準々決勝(19日)でウズベキスタンと対戦する。日本サッカー協会の田嶋幸三会長(60)は16日、都内で行われた日本オリンピック委員会(JOC)の常務理事会後に「ウズベキスタンが、この世代で一番強いんじゃないか。そういう意味ではそことやりたい」。さらには準決勝(23日)で対戦する可能性がある韓国にも言及し「U―23でアジア大会(8月、インドネシア)に出て優勝して兵役を免除したい。韓国は必死だよ」と対戦を熱望した。

 五輪世代の最強国と人生をかけて戦っているライバル国。田嶋会長はあえて難敵と激突し、イレブンが厳しさを体感すれば東京五輪に向けて強化が加速すると考えているのだ。森保監督も苦戦した北朝鮮戦を踏まえて「耐えることも成功体験となる。痛い思いをしながらレベルアップしていくのは大切」と語った。

 初の公式戦で決勝トーナメント進出を果たした森保ジャパンは、試練を乗り越え、さらなる強化とタイトル奪取を狙う。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GI全日本選抜競輪】中川誠一郎が2回目のGI制覇
残り1周を果敢に逃げた中川誠一郎が、2016年4月静岡ダービー以来2回目のGI制覇を成し遂げた!

【緊急連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!