• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > サッカー > 横浜から斎藤学獲得 川崎”過剰戦力”補強のワケ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

横浜から斎藤学獲得 川崎”過剰戦力”補強のワケ


 J1川崎は12日、元日本代表FW斎藤学(27)を横浜Mから完全移籍で獲得したと発表した。斎藤は2011年に愛媛に1年間期限付き移籍しているが、横浜Mの下部組織育ちでプロ入り後もトリコロールのユニホーム一筋でプレー。昨年9月に右膝前十字靱帯損傷で全治8か月の重傷を負って現在リハビリ中の身でもあり、電撃的な移籍決定となった。

 斎藤は横浜Mの公式サイト上で「恩を仇で返してしまうことになってしまいました」とコメント。同じ神奈川県内のライバルチームへの移籍に、苦しい胸の内をのぞかせた。

 横浜Mにとって主将で背番号10をつける斎藤の流出は痛手だが、FW大久保嘉人(35)の復帰で攻撃陣の層が厚くなった川崎は斎藤にレギュラーを保証していない。それでも川崎があえて“禁断の移籍”に踏み切ったのは、近年のチームの故障禍を懸念してのことだ。

 昨年は全治1か月以上の重傷を負った選手が続出。MF大島僚太(24)、MF家長昭博(31)、MF阿部浩之(28)、DFエウシーニョ(28)、DFエドゥアルド(24)など主力級の長期離脱が目立った。今季は「いつも以上に日程がタイトになる」とJリーグの原博実副理事長(59)が指摘するように、W杯イヤーで過密日程も危惧される。そうした中でアジアチャンピオンズリーグと国内タイトルの2冠制覇を狙う川崎は、戦力過剰を承知の上で実力者を揃えたわけだ。

 横浜Mとは契約満了での移籍となっただけに、川崎は移籍金ゼロで斎藤を獲得できた。昨季優勝で手にした3年総額22億円超の賞金に頼ることなく戦力の上積みに成功し、本気モードに拍車がかかった。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【サマーナイトフェスティバル】五輪4大会連続出場を目指す渡辺一成が初制覇!
後位から自力に転じた渡辺一成が、当大会初制覇を飾った!

【SGオーシャンカップ】毒島誠が3回目のSG制覇!
コンマ13の好スタートを決めた毒島誠が、2コースから豪快なまくりで抜け出して優勝!

2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。フランスが20年ぶり2度目の優勝!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース若松SG「第23回オーシャンカップ」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!