• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > サッカー > ハイチ戦総括 もう少し見たかった香川と乾の「組み合わせ」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハイチ戦総括 もう少し見たかった香川と乾の「組み合わせ」


セットプレーについて話す(左)から原口、香川、乾

前園真聖 ゾノの焦点!】ハリルジャパンは10日のキリンチャレンジカップでハイチに3―3で引き分けでした。今回はいろいろな選手を試すことがテーマ。先発を大幅に入れ替えて新しい選手をテストできたのは良かったと思います。しかし、ただ試すだけではなくて様々な“組み合わせ”をもっとトライしてほしかったです。

 例えば、左サイドではFW乾貴士(29=エイバル)がDF長友佑都(31=インテル)とのコンビで突破していましたが、乾とMF香川真司(28=ドルトムント)の連係をもう少し見たかったですし、香川、乾やFW原口元気(26=ヘルタ)など、多彩な組み合わせを試しても良かったのではないでしょうか。同じ選手が出るにしても、違った組み合わせならば、連係面で新たな発見があったかもしれません。選手の起用に、意図がなかったのは残念です。

 そういう意味では、3失点した守備陣に収穫がありました。ハイチ戦でDF吉田麻也(29=サウサンプトン)を先発から外したことです。吉田が累積警告やケガなどで出られなかった時に備えて試しておかないといけないですから。課題は出ましたが、新コンビをテストできたのは今後につながるでしょう。ただ新戦力で合格点と言える選手は正直いませんでした。

 香川についても触れなくてはなりません。キレイな得点ではありませんでしたが、結果を出せたのは彼の自信につながります。私の経験から言っても一つのゴールで、意識が変わったり良いプレーが続いたことがありました。それに結果を残せば相手にとって「怖い選手」で居続けられます。

 香川は代表の中心としてチームを引っ張っていく存在です。本大会に向けても結果を出し続けなけないといけません。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」 new
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【SGオーシャンカップ】毒島誠が3回目のSG制覇!
コンマ13の好スタートを決めた毒島誠が、2コースから豪快なまくりで抜け出して優勝!

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース若松SG「第23回オーシャンカップ」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!