• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > サッカー > 武田氏「柴崎の移籍で改めてわかった日本人選手の地位の低さ」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

武田氏「柴崎の移籍で改めてわかった日本人選手の地位の低さ」


柴崎(右)は昨年のクラブW杯で大活躍した

【武田修宏の直言!!】昨年のクラブW杯で活躍したMF柴崎岳(24)が紆余曲折の末、スペイン2部テネリフェへの移籍が決まったね。当初は1部ラスパルマスに入団確実とも言われていたみたいだけど、やはり冬の移籍市場は想定外のことが起こる。どうしても他の選手の交渉も絡んでくるから、大詰めになればなるほど簡単に決まらない。

 

 でも、その中で改めて感じたのは、日本人選手の地位というか、優先順位は低いということ。どうしても柴崎が欲しいという姿勢は見えてこなかったし、あくまで玉突き移籍の「玉」の一つにすぎなかった。クラブW杯決勝でレアル・マドリードから2得点したというのも、スペイン1部クラブからすれば触手を伸ばすような実績ではなかったわけだ。

 

 シーズン途中での加入ということで即戦力として期待されるわけだから、すぐに結果を出さないといけない。ストライカーではないから、それ以外でチームの雰囲気を劇的に変えるプレーを見せることが必要。これはある意味、ストライカーよりもハードルが高いよ。

 

 だからといって柴崎がスペインで通用しないとは思わない。エイバルにいる乾貴士のテクニックが十分に認知されているように、日本人選手でも戦える舞台だ。私は柴崎が日本代表に初選出された時の合宿で話をしたが、彼の向上心や「うまくなりたい」という強い意思を感じた。ぜひスペインで新しい歴史をつくってほしいと思う。

 

 ☆武田修宏:たけだ のぶひろ=1967年5月10日生まれ。静岡県出身。幼少期から「天才少年」と呼ばれたストライカー。名門・清水東(静岡)から86年に読売クラブ(現東京V)入り。ルーキーながら11得点を挙げ、リーグVに貢献し、MVPにも選出された。Jリーグ発足後はV川崎や磐田、京都、千葉などでプレー。00年には南米パラグアイのルケーニョに移籍。01年に東京Vに復帰し、同シーズンで現役引退した。Jリーグ通算は94得点。JSL時代も含めれば152得点を挙げた。87年に日本代表に選出。93年米国W杯アジア最終予選でドーハの悲劇を経験した。

 

http://takeda.at.webry.info

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

2019年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「友駿ホースクラブ愛馬会」「東京サラブレッドクラブ」「YGGオーナーズクラブ」


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!