• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > サッカー > 元ユース選手が告発した名門レアル下部組織の光と影

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

元ユース選手が告発した名門レアル下部組織の光と影


 サッカーの名門レアル・マドリード(スペイン)の下部組織(カンテラ)に所属していたナチョ・マルティン氏が地元メディア「vice.cоm」にユースチームの現状を告発した。

「ここまでひどい」というタイトルの記事によると、15歳でユース入りした時点で、アディダスなどの大手メーカーとの契約が決まり、多額のサラリーを手にできるという。それは一般家庭の両親が稼ぎ出す給料よりも多く、免許もないのに高級外車を購入する勘違い選手もいるほどだ。

 宿舎生活は毎朝、鏡の取り合いから始まり、選手たちはドライヤーを手にトップ選手と同じ髪形をつくり上げる。高校生ながら、勉学面は軽視されて練習中心の時間割が組まれるそうだ。またストレス発散のために部屋(一部屋3人)に選手を閉じ込め、わざとケンカさせることもある。

 特に食事面は深刻な状態だ。朝食はビスケットとジュース、フルーツなど毎朝同じメニュー。午後2時にランチを取るが、練習を終えて午後10時に宿舎に戻っても、まともな夕食は用意されていない。選手は深夜に近所のカフェテリアで、チョコレートたっぷりのワッフルやホットドッグで空腹を満たしている。

 食生活が安定しないため体調も整わない。疲労も蓄積し、練習でミスをするとコーチから罵声が飛び、選手は計り知れない重圧を感じる。マルティン氏は17歳でクビになったが、当時のユース監督から「なぜ練習に来ないのか」と電話があるなど、クラブ内での意思疎通もなかったという。

 エースFWクリスチアーノ・ロナウド(31)もビックリの現状だ。マルティン氏は「会長が代わるとポリシーも変わる。僕の経験からしか話せないが、Rマドリードのようなビッグクラブの育成がこれでいいのか」と疑問を投げかけていた。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
今年もやります「ザッツPOG」好評発売中
アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は尼崎ボート「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!