• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > サッカー > ハーフナー 本田と“和解”で1年半ぶり代表復帰へ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハーフナー 本田と“和解”で1年半ぶり代表復帰へ


2012年9月のUAE戦で共にプレーするハーフナー(左)と本田

 エースとの“和解”でハリルジャパン入りが急加速――。欧州滞在中の日本代表バヒド・ハリルホジッチ監督(63)はオランダでゴールを量産中のFWハーフナー・マイク(28=デンハーグ)を初めて視察して大絶賛。待望の代表復帰が確実となった。この裏では、これまでA代表入りの障害となってきた“あの男”と手打ちしていたことが判明した。

 

 ハーフナーが出場したオランダ1部リーグのローダ戦(6日)を生チェックした指揮官は「今回初めて実際に彼のプレーを見た。本人にも直接会って話し、彼の向上心、代表に対する気持ちを確認できた。マイク選手の高さを生かせれば代表にとっても新しいオプションになる」とハリルジャパン初招集にゴーサインを出した。

 

 これまでは招集を見送ってきたが、今季の欧州主要リーグで日本人最多の11ゴールをマークする194センチの長身ストライカーを高く評価。今の代表に足りない高さと決定力を兼ね備えたハーフナーは大きな武器になるとにらみ、3月のロシアW杯アジア2次予選アフガニスタン戦(24日)と同シリア戦(29日=ともに埼玉)での選出が濃厚となった。

 

 アギーレジャパンの2014年10月以来となる約1年半ぶりのA代表復帰が一気に現実味を帯びてきた。だが、そこで気になるのがエースFW本田圭佑(29=ACミラン)との“確執”だ。13年9月の国際親善試合グアテマラ戦後に本田がハーフナーを「デカくて足元がうまくないタイプ」と下手くそ扱いする同僚批判を展開した。

 

 さらに同10月の東欧遠征では、本田が途中出場したハーフナーにパスを出さないという“暴挙”に出て、チーム内外に大きな波紋を広げた。その後も微妙な距離感のまま周囲はヒヤヒヤしていたが、本田に近い関係者は「ハーフナーと仲が悪いということはないよ。一緒にメシも行ったりしている」と2人の関係は修復済みと明かした。

 

 2人はもともと1歳違いで年代も近く、共通の友人も多い。昨年末には日本代表DF槙野智章(28=浦和)を交えて会食するなど、最近はコミュニケーションを取ることも多くなり、過去の因縁やわだかまりはすっかり消えているという。それどころか、本田が実質的なオーナーを務めるオーストリア3部ホルンにハーフナーの弟ニッキ(20)が入団するなど“家族ぐるみ″の関係も築かれ、盟友と呼ぶべき間柄になっているのだ。

 

 今季欧州で戦う日本人でもっとも好調なハーフナーと、ビッグクラブで復調した本田の再共闘はロシアW杯を目指すハリルジャパンにとって大きな武器となりそうだ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GIオールスター競輪】いわき平競輪場で15日に開幕!
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は桐生プレミアムGI「レディースチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!