• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > サッカー > 【Jリーグ順位予想(5)】さらなる熟成見込めるG大阪

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【Jリーグ順位予想(5)】さらなる熟成見込めるG大阪


【2015年Jリーグ大予想:瀬谷宏】昨季まで浦和に対する基本的な評価は「上位争いはするが優勝はできない」。攻撃陣の迫力不足は否めず、1トップに大型外国人選手を補強しない限りはタイトルには届かないとみていた。

 

 それが今季、大宮から186センチの長身FWズラタン(31)を獲得。“最後のピース”が埋まったことで、キャンプ前までは今季の優勝は浦和だと考えていた。

 

 だが、アジアチャンピオンズリーグ(ACL)と富士ゼロックススーパーカップを見たところ、問題は戦力や戦術ではない。選手たちがスマートにサッカーをやろうとして、何かギラギラしたものが見えてこない。たぶん今季も上位にくるだろうが、最後の勝負どころで勝ちきれない。特にACLと並行開催の第1ステージは苦しむはずだ。

 

 そうなると、やはり昨季3冠のG大阪が優勝候補筆頭だろう。戦力の入れ替えが少なく、FW宇佐美貴史(22)とFWパトリック(27)の連係もさらなる熟成が期待できる。

 

 伏兵には名古屋と川崎を挙げる。前者はFWノバコビッチ(35)を獲得してさらに攻撃力がアップ。FW永井謙佑(26)やFW川又堅碁(25)とかみ合えば脅威だ。後者は風間八宏監督(53)の就任4年目で戦術が浸透。DF角田誠(31)の獲得で守備が落ち着けば衰えなしのFW大久保嘉人(32)ら攻撃陣が爆発するだろう。(サッカー担当デスク)

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!