• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > サッカー > 【アジア杯】森保ジャパンで勃発!? 原口VS南野FKバトル

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【アジア杯】森保ジャパンで勃発!? 原口VS南野FKバトル


【UAE・アブダビ発】森保ジャパンのFKキッカー争いが過熱している。アジアカップ1次リーグF組第2戦(13日)でオマーンと対戦する日本は、これまでFKキッカーを務めていたMF本田圭佑(32=メルボルン・ビクトリー)の“後継者”を巡るバトルが勃発。有力候補のMF南野拓実(23=ザルツブルク)とMF原口元気(27=ハノーバー)が激しい火花を散らしそうだ。

 アジア杯では6大会連続W杯出場の日本を相手に、多くの国がゴール前を固める守備的な戦いをしてくる。初戦トルクメニスタンでも苦戦したように、V奪還に向けて強固なDFを崩すことが不可欠だ。森保一監督(50)も「相手が研究してやってくる部分で、そこを乗り越えていかないといけない」という。

 そこで有効な策となるのは、直接ゴールを狙えるFKなどのセットプレーだ。かつて天才キッカーのMF中村俊輔(40)を擁し「日本のお家芸」だったが、現在の森保ジャパンには絶対的なキッカーがいない。今大会では有力候補だった10番のMF中島翔哉(24=ポルティモネンセ)が離脱したため、FKキッカーを巡る争いがクローズアップされている。

 そんな中、有力視されているのは南野だ。キック精度に定評があり、昨年は日本代表として5試合4得点と結果を残したことからもイレブンの信頼は厚い。南野はFKキッカーについて「まだ決まっていないので何とも言えないが…」と慎重な姿勢ながらも「得点を取ることがチームの勝利につながる」と語るように、FK弾を決めて存在を示したいところだ。

 一方、昨年11月の国際親善試合キルギス戦で森保ジャパン初のFKゴールを決めた原口もキッカーの座を狙う。初弾は相手GKのミスとあってアピール不足ながら、FKの名手として知られる元日本代表MF三浦淳寛氏(44)に弟子入りし、習得した通称“ブレ球”と呼ばれる魔球FKが大きな武器となる。

 本田やポルトガル代表FWクリスチアーノ・ロナウド(33=ユベントス)が得意とするキックで無回転で放たれたボールはGKの手前で不規則な変化をする。原口は“ブレ球”について「もうちょっと練習してから」と実戦投入を見送っていたが、アジア杯の舞台で決めれば、インパクトは十分だろう。

 他にもキックが自慢のMF柴崎岳(26=ヘタフェ)や貴重なレフティーのMF堂安律(20=フローニンゲン)が有力なキッカー候補とみられている。今後、森保ジャパンのレギュラー争いや主導権争いにも大きな影響を与えるだけに、V奪還の行方と同様にバトルの動向も気になるところだ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GI全日本選抜競輪】中川誠一郎が2回目のGI制覇
残り1周を果敢に逃げた中川誠一郎が、2016年4月静岡ダービー以来2回目のGI制覇を成し遂げた!

【緊急連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!