• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > サッカー > 主力選手は資金力あるチームへ…Jリーグの二極化加速

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主力選手は資金力あるチームへ…Jリーグの二極化加速


柏のエース伊東は流出が確実?

 Jリーグは“二極化”が進んでいくのか――。今オフはC大阪やJ2に降格した柏から選手の流出が相次ぎそうな一方、元スペイン代表FWダビド・ビジャ(37)を獲得した神戸など豊富な資金力で積極的に大物の補強を進めるクラブもある。有望選手が特定のクラブに集中し、Jリーグはさらなる弱肉強食の時代に突入していきそうな雰囲気だ。

 今オフに草刈り場となりつつあるのが、C大阪と柏だ。C大阪では、生え抜きとしてクラブを支えてきた元日本代表MF山口蛍(28)に大補強を進める神戸がオファーを出したとされ、エースストライカーのFW杉本健勇(26)は浦和、万能選手として評価の高いMF山村和也(29)は川崎がそれぞれ獲得を狙っているという。

 また今季17位で降格が決定し、来季は9年ぶりにJ2の舞台で戦うことになる柏にも激震が走りそうだ。複数の主力選手が移籍を希望しているとみられ、大幅なチーム再編は避けられそうにない。あるJクラブ強化担当者は、柏の選手を来季の補強候補にリストアップしているとしたうえでこう語る。「若手で実力のある選手や、外国人は移る選手も出てくるだろうね。海外に行く選手もいるかもしれないし(J2降格で)仕方ないことだが、柏は苦労するんじゃないか」

 森保ジャパンで評価を上げている日本代表MF伊東純也(25)はドイツやベルギーなど欧州クラブが獲得を検討しており、今冬の移籍市場で海を渡る可能性が大。若手有望株でも、将来代表で主力を担える逸材との呼び声が高いU―21日本代表MF中山雄太(21)や“長友2世”と期待されるDF小池龍太(23)が複数クラブからターゲットとなっている。FWクリスティアーノ(31)ら助っ人勢にも国内外のクラブが熱視線を送っている。

 一部の強豪の戦力はますます巨大化し、“搾取”されるクラブは選手の流出が加速する――。二極化が顕著になっていきそうな状況に、Jクラブ幹部は「そうなると思うよ。強いチーム、お金のあるチームは良い選手を集めていくでしょ。上位でも引き抜かれる選手が出てくる。勝ち組と負け組がハッキリしていくんじゃないか」と指摘する。

 バルセロナとレアル・マドリードに戦力が集中しているスペイン1部リーグのように、Jリーグも“格差社会”となっていくのか。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【プロレス大賞】新日本プロレス・棚橋が4年ぶり4度目のMVP受賞
授賞式は来年1月17日に都内のホテルで行われる。

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!