• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > サッカー > “ドーハの悲劇”の戦友・松永成立氏が明かす森保監督の一番のストロングポイントとは…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“ドーハの悲劇”の戦友・松永成立氏が明かす森保監督の一番のストロングポイントとは…


松永成立氏

 J1横浜MのGKコーチで元日本代表GK松永成立氏(55)が、日本代表・森保一監督(49)に「頑張ってほしいし、成功してほしい。それしか思っていない」とエールを送った。

 森保監督は1993年米国W杯アジア最終予選で敗退した“ドーハの悲劇”を経験した日本代表の戦友。当時について「森保が代表に入ったときは名字が読めないくらい無名。僕らからすると、最初はどこの選手かなみたいな感じだったけど、人間的にもサッカー選手としても非常に尊敬できる人物だった」と懐かしそうに振り返った。

 松永氏は、J1広島を3度の王者に導くなどの抜群の実績を挙げた森保氏の指導力を高く評価した。「ただ優しいだけじゃ周りはついていかない。森保は、選手、スタッフに対してあえて厳しいことを言える。相手との関係が悪くなるから言わない人もいるけど、彼はそれができる。言った以上は責任を持ってその選手に接する。それが一番のストロング(ポイント)だね」

 また、森保氏が兼任監督となることに「別々に監督を置かなかった以上、コーチの質が重要になる。人選をきっちりやらないと、森保に負担がかかるだけで(兼任が)無駄になる。どういうコンセプトでチームをつくるのかわからないが、森保がシンプルに(監督に)専念できる環境をつくってあげるべき」と提言した。

 兼任という困難なミッションの成功は、サッカー界の協力体制があってこそ。松永氏は「僕らは無条件で森保が成功するために協力する必要がある。たとえば自チームでいいGKとかを育てて供給するのも一つの役割」と力説した。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!