【ジャンプLH】予選22位の葛西「今日は良くなかった」

2018年02月16日 23時08分

葛西「今日は良くなかった」

【韓国・平昌16日発】平昌五輪のノルディックスキー・ジャンプ男子個人ラージヒル予選が行われ、小林陵侑(21=土屋ホーム)は143・5メートルの大ジャンプを見せ、127・6点で予選3位。葛西紀明(45=土屋ホーム)は122・5メートルの104・2点とし、22位。小林潤志郎(26=雪印メグミルク)は115メートルの89・5点で37位、竹内拓(30=北野建設)は120・5メートルの98・5点で27位。日本勢は全員が本戦に進んだ。

 小林陵侑の話「風に乗れたところが良かったです。すごく気持ちよく浮いていました。アプローチの乗っていくところを気をつけたい」

 葛西紀明の話「今日は良くなかったです。アプローチが乗れていかないのでスピードも出ていないのが、ポイントですね」

 小林潤志郎の話「思い切って飛んでみたんですけど、課題の残るジャンプでした。代表に選んでもらっているので諦めずに最後まで飛びたい」

 竹内拓の話「明日(17日)までに自分のジャンプができるように、最終調整ができるようにやりました。ポイントは風ですね。普段の行いが出ると思う。選ばれたからには上位にいけるようにしたい」