【スキーHP女子】女王・小野塚が初練習「高梨沙羅&平野歩夢のパワー頂いた」

2018年02月16日 15時12分

練習で明るい表情を見せた小野塚彩那

【韓国・平昌16日発】フリースタイルスキー・ハーフパイプの世界女王、小野塚彩那(29=石打丸山ク)が練習を公開した。初練習とあって、パイプの感触を確かめた小野塚は「悪くないですね。割と暖かいですし、体も動いている」と明るい表情を見せた。

 平昌入り後は日本のメダリストからも刺激を受けている。選手村の部屋は当初、ノルディックスキー・ジャンプ女子個人ノーマルヒル銅メダルの高梨沙羅(21=クラレ)とダイニングを共有。また、スノーボード・ハーフパイプ男子銀メダルの平野歩夢(19=木下グループ)とはメダル奪取の翌日に言葉を交わした。

「パワーを頂いている。その流れを引き継いでいきたい」と小野塚も気合を入れた。

 2度目の五輪とあって、メンタルも冷静にコントロールしている。

「五輪だからという特別な気持ちで挑むんじゃなく、一戦一戦大事にする、いつも通りの試合運びができれば。あと2日、トレーニングがある。1日休んでしっかり予選を通ればいい」と貫禄を漂わせた。