【ジャンプLH】葛西好調 公式練習で138メートルの大ジャンプ

2018年02月15日 22時58分

公式練習の2本目で大ジャンプを見せた葛西

【韓国・平昌15日発】ノルディックスキー・ジャンプ男子の“レジェンド”葛西紀明(45=土屋ホーム)が悲願の金メダル取りへ大ジャンプを見せた。

 16日の個人ラージヒル予選(HS142メートル、K点125メートル)に向けた公式練習で2本目に飛距離では全体2位の138メートルを飛んだ。着地後は珍しく右腕でガッツポーズを決めるほどで、好調ぶりをアピールした。得点は81・9点で全体5位だった。葛西はこの種目でソチ五輪銀メダルを獲得している。1本目は129・5メートル、3本目は133メートルだった。

 日本は葛西、小林潤志郎(26=雪印メグミルク)、小林陵侑(21=土屋ホーム)、竹内択(30=北野建設)の4人でラージヒルに挑むことが決まった。