【スキー複合W杯】渡部暁斗 ライバルの“ささやき”に負けて3位

2018年02月05日 16時30分

 ノルディックスキー複合のエース・渡部暁斗(29=北野建設)が苦杯をなめた。五輪前最後の試合となったW杯個人第14戦(4日、長野・白馬ジャンプ競技場)は前半飛躍(HS134メートル、K点120メートル)で8位と出遅れ、後半距離(10キロ)で追撃したが、ヤン・シュミット(34=ノルウェー)に競り負けて3位。連勝は「4」で止まり、日本人最多タイのシーズン6勝目もお預けとなった。  渡部暁は「負けてよかった」と、連勝ストップを前向きに捉えたが、気になるのは“負け方”だ。距離が始まる直前、ジャンプ7位のシュミットと試合運びについて相談。シュミットは「トップの選手を追いながらエネルギーを温存して最後にチャージをかけよう」とささやいたという。  レースはプラン通りに進んだものの、渡部暁は並走しながらもシュミットがかなり余力を残していると感じていた。その予感通りに敗れてしまったわけだが、シュミットは“ここぞ”のタイミングでスパート勝負に持ち込めば勝てると、自信を持っていたのだ。  前日には「彼(渡部)を負かすことは難しい」と持ち上げ“死に体”を演じていたのだから、ベテランの巧みな戦術と言えるだろう。一方、渡部暁は金メダルを争うであろうライバルと五輪前、最後の対決に敗れて「最後のスパート力の差はまだ劣っている」と受け止めるしかなかった。  現在W杯個人総合2位のシュミットは今後も平昌入りまで白馬で調整する。白馬と平昌はジャンプ台が似ていると言われ、また他の欧州勢と比べ、時差調整を完璧にこなせるメリットもある。渡部暁にとってはやっかいな相手となりそうだ。