【スキージャンプ】高梨沙羅が前日失格の汚名返上! 今季初VでW杯通算58勝

2021年02月06日 22時38分

今季初Vの高梨

 ノルディックスキーのW杯ジャンプ女子は、オーストリアのヒンツェンバッハで個人第5戦(ヒルサイズ=HS90メートル)が行われ、2018年平昌五輪銅メダルの高梨沙羅(24=クラレ)が今季初優勝。男女歴代最多を更新する通算58勝目をマークした。

 前日(5日)の第5戦では、1回目に91・5メートルを飛び、124・5点で首位に立ったが、スーツの規定違反で失格となっていた。

 それでも、この日は1回目に90メートルを飛び、121・2点で首位に立つと、2回目も90メートルを飛び、合計238・4点でトップに立った。

 W杯での優勝は、昨年3月9日のリレハンメル大会(ノルウェー)以来、約11か月ぶり。開幕まで1年を切った22年北京五輪を前に、明るい兆しが見えてきた。

【関連記事】

関連タグ: