【ジャンプ】高梨沙羅1本目でトップも…伊藤有希とともにスーツの規定違反で失格 

2021年02月05日 23時52分

高梨沙羅

 ノルディックスキーのW杯ジャンプ女子は、オーストリアのヒンツェンバッハで個人第5戦(ヒルサイズ=HS90メートル)が行われ、2018年平昌五輪銅メダルの高梨沙羅(24=クラレ)が、1回目に全体トップの91・5メートルを飛んだ後、スーツの規定違反で失格となってしまった。

 予選も1位で通過し、好ジャンプを披露したにもかかわらず、痛恨の失格。男女歴代最多を更新する通算58勝目のチャンスだったが、幻となってしまった。また、日本勢2番手の実力を持つ伊藤有希(26=土屋ホーム)も、予選でスーツの規定違反により失格となっていた。

 高梨はスーツの太もも部分が規定より大きいと判定されたという。

【関連記事】

関連タグ: