【スキー】年末年始恒例の「ジャンプ週間」が史上初の無観客開催

2020年12月01日 09時06分

小林陵侑

 年末年始恒例のノルディックスキーのジャンプ週間が、新型コロナウイルスの影響で史上初めて全て無観客で開催されることになった。開幕戦(12月29日、ドイツ・オーベルストドルフ)の主催者が30日、発表した。

 ジャンプ週間は1953年に創設された伝統のシリーズ。W杯ジャンプ男子を兼ねた大会で、年末年始にドイツやオーストリアで4試合が集中開催される。2年前には日本の小林陵侑(24=土屋ホーム)が史上3人目の4連勝を飾って総合優勝している。

 コロナ禍の今季は感染拡大を防ぐため、W杯の各大会も無観客で実施されてきた。ジャンプ週間に関しては2~4戦の無観客開催がすでに発表となっていた。

【関連記事】