【ジャンプ女子】高梨沙羅 ザギトワの「尊敬しております」にほっこり笑顔

2020年11月17日 20時18分

オンラインでマサル&ザギトワと対面した高梨沙羅(右)

 ノルディック・スキージャンプ女子の高梨沙羅(24=クラレ)が17日、都内で行われた寝具メーカー「エアウィーヴ」との契約更新発表会に出席した。高梨は2012年から当社の製品を愛用し、13年に広告契約を結んでいる。今季のコンディションづくりも「エアウィーヴのマットレスを使っているので、その日の疲労はその日のうちにしっかり取ります」と語った。

 また、会見にはフィギュアスケート女子のアリーナ・ザギトワ(18)の愛犬で、同社と広告契約をしている秋田犬のマサルもオンラインで出席。マサルの〝保護者〟として登場したザギトワと初共演となった高梨は、その印象について「オンライン上ですが、ここからあふれ出るオーラに圧倒されます」と、トップアスリート同士の独特な感覚を感じた様子。ザギトワからは「ご一緒させていただいてうれしく思います。尊敬しております」とコメントされて笑顔を見せた。

 コロナ禍で来年1月に開催予定だったノルディックスキー・ジャンプのW杯幌大会が中止となるなど、日程が不透明な状況が続く。今後に向けて高梨は「いつ試合があるか分からないが、いつきてもいいように準備したい」と前向きに話した。

【関連記事】