【ラグビー】日本代表はスコットランドに敗れる ジョセフHC「小さなミスから」

2021年11月21日 13時27分

日本はスコットランドに20-29で敗れた(ロイター)
日本はスコットランドに20-29で敗れた(ロイター)

 ラグビー日本代表は、20日に行われたスコットランドとのテストマッチ(英国・エディンバラ)で20―29で敗れた。2019年W杯日本大会1次リーグで勝利した相手にリベンジを許してしまった。

 6―19とリードされて迎えた後半。SO松田力也(埼玉)の5PGと後半途中出場のFWテビタ・タタフ(東京SG)のトライで一時6点差まで迫ったが、追い付くことができなかった。前半からミスに付け込まれて、トライを奪われたことなどが点差を縮めきれなかった要因となったが、後半だけなら14―12と得点で勝っており、世界ランキング7位の相手(日本は10位)に対して善戦することはできた。

 ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチは「日本らしいアタックのプレーで、相手にプレッシャーをかけることができたが、自分たちの小さなミスから相手にチャンスを与えてしまった部分があった。試合数が少ない中、レベルの高いスコットランド代表と試合ができた経験を、しっかり学びとして今後に生かしたい。選手たちが国内リーグに戻って成長していくことが重要だ」とコメントした。

 今回の欧州遠征は1勝2敗で終えた。アイルランド戦(6日)に5―60で大敗し、ポルトガル戦(13日)には38―25で勝利していた。

関連タグ:

ピックアップ