【ラグビー】日本代表がアイルランドに5―60で大敗 ジェイミーHC「受け身になってしまった」

2021年11月07日 01時00分

執念のタックルを見せた稲垣だが…(ロイター)
執念のタックルを見せた稲垣だが…(ロイター)

 ラグビー日本代表は6日、アイルランド戦(ダブリン)に5―60で大敗した。

 敵地で分厚い壁にはね返された。日本は前半4分に最初のトライを許すと、11分に追加点を献上。パワーとスピードで上回る相手に一方的に攻め込まれ、0―29で前半を折り返した。

 反撃の糸口を見つけたい日本だったが、後半も相手は攻撃の手を緩めることなく得点を重ね、リードを広げられる。後半17分にWTBシオサイア・フィフィタ(花園)がトライを決めるも、5点を返すのが精いっぱい。先月23日のオーストラリア戦に続いて反則が目立ち、相手には9トライを奪われて力の差を見せつけられた。

 2019年W杯では19―12で歴史的勝利を挙げ、7月は31―39で惜敗。強豪との一戦には好ゲームが期待されていた一方、アイルランドは7月に不在だったメンバーが加わり〝完全体〟でこの日を迎えていた。

 試合後、ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC=51)は「ミスが多くかなり厳しい試合になった。自分たちは受け身になってしまった」と振り返った。

 欧州遠征で3連戦を予定している日本は13日にポルトガル戦、20日にスコットランド戦を行う。ジェイミーHCは「ここから立て直していきたい」と前を向いた。

関連タグ:

ピックアップ