【ラグビー】日本代表リーチが負傷で23日のオーストラリア戦メンバーから外れる

2021年10月22日 11時51分

リーチ・マイケル(東スポWeb)
リーチ・マイケル(東スポWeb)

 日本ラグビー協会は22日、リポビタンDチャレンジカップ・オーストラリア戦(23日、昭和電工ドーム大分)の登録メンバーだったフランカーのリーチ・マイケル(33)がケガのためメンバーを外れ、フランカーの徳永祥尭(29=ともに東芝ブレイブルーパス東京)を登録すると発表した。

 今秋の代表活動からW杯2大会(2015年イングランド大会、19年日本大会)で務めていた主将の任を解かれ、選手に専念。オーストラリア戦はベンチスタートの予定だった。登録メンバーを発表した22日にオンラインで取材に対応したジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチは「後半から出てきて、そこで活躍することで試合にインパクトを出してくれるのではないか」と期待を寄せていた。

 リーチに代わる日本代表主将は、19年W杯日本大会でも活躍したフランカーのピーター・ラブスカフニ(32=クボタスピアーズ船橋・東京ベイ)が務めている。

関連タグ: