【ラグビー】日本代表が10月に国内で強豪オーストラリアと対戦

2021年09月17日 11時53分

過去の対戦ではオーストラリア代表に0勝5敗の日本(写真は2017年11月4日)
過去の対戦ではオーストラリア代表に0勝5敗の日本(写真は2017年11月4日)

 日本ラグビー協会は17日、日本代表が10月23日に大分の昭和電工ドームでオーストラリアと対戦すると発表した。

 世界ランキング5位(日本は10位)のオーストラリアは過去2度W杯優勝を誇る強豪。最近では2017年11月に対戦(日産)し、30―63で敗れるなど、過去の対戦成績は0勝5敗となっている。ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)は日本協会を通じて「ワラビーズ(オーストラリア代表の愛称)は強力なチームで、チーム全体に質の高い選手が揃っており、日本と同様に、高速で攻撃的なランニングラグビーを得意としています。この試合は、これまでのテストマッチとは違ったスタイルの相手に、自分たちのラグビーをする絶好の機会となるでしょう」とコメントした。

 今回のオーストラリア戦後は、欧州へ遠征。アイルランド戦(11月6日、ダブリン)、ポルトガル戦(同13日、リスボン)、スコットランド戦(同20日、エディンバラ)を予定している。日本代表は新型コロナウイルス禍で2020年の活動がなかった中、6月から再始動。英国で行われた全英・アイルランド代表ライオンズ戦(6月26日)に10―28、アイルランド戦(7月3日)に31―39で敗れたが、善戦していた。

関連タグ:
 

ピックアップ