【ラグビー】日本代表11~12月に国際大会参加か 欧州遠征2試合は中止 

2020年07月31日 13時30分

また熱戦が見られる?

 日本ラグビー協会は31日、11月の欧州遠征で予定していたスコットランド戦(14日)とアイルランド戦(21日)を中止すると発表した。

 新型コロナウイルスの影響で、国際統括団体ワールドラグビー(WR)は、今年の暫定措置として国際スケジュールを変更。テストマッチ期間を10月24日~12月第1週末までとした。これを受けて当初の2試合が中止となった。

 ただ英メディア「BBC」によると、欧州6か国対抗勢に日本とフィジーを加えた8チームによる国際大会が、11~12月に開催されるという。今年限りの同大会は、8チームを2組に分けて日本は、スコットランド、フランス、イタリアと同組に入る。

 新大会の詳細は8月に発表される見通しとなっているため、現段階では日本代表が参加するかは決定していない。日本協会は、今後の日本代表の国際試合スケジュールについては「決定次第改めて発表する」とした。