【ラグビー】コロナ化で5月の日本選手権初めて中止に

2020年04月02日 17時48分

 日本ラグビー協会は2日、新型コロナウイルス感染拡大の影響により5月23日開幕予定だった日本選手権を中止にすると発表した。

 すでに3月23日に今季のトップリーグ中止を発表したが、日本選手権開催を模索していた。ただ新型コロナウイルスの終息の見通しも立っておらず、選手からも開催への不安の声が上がっていたこともあり、今回の決定に至ったという。

 1963年度にスタートした日本選手権が中止となるのは史上初。日本ラグビー協会の森重隆会長(68)は「長い歴史を誇る本大会の開催が大会史上初めて中止となることは大変残念」とコメントを発表した。