【ラグビー】12日開幕トップリーグ展望

2020年01月08日 16時30分

 今季のTLは16チーム総当たりのリーグ戦で年間王者を決めるが、優勝争いは混戦模様だ。

 昨季の覇者・神戸製鋼は元ニュージーランド代表のスター選手、SOダン・カーター(37)を擁して2連覇を狙うが、松島やSH流大(27)ら日本代表がチームを引っ張るサントリーも頂点に近い存在。昨季は神鋼に3連覇を阻まれただけに、V奪還への意識は高い。そのほかフッカーの堀江翔太(33)やプロップの稲垣啓太(29)ら代表クラスがひしめくパナソニックや元日本代表FB五郎丸歩(33)が健在のヤマハ発動機も優勝候補といっていい。W杯の影響もあり、選手のモチベーションは高く、熱戦が期待できそうだ。TLの太田治チェアマン(54)は「TLとしてもW杯の熱を冷まさないようになんとか取り組んでいきたい」と気を引き締めてリーグ運営を進めていく。