【ラグビーW杯】視聴率も快進撃!スコットランド戦は瞬間最高53・7%

2019年10月15日 11時35分

攻め込むリーチ(中央)

 13日に日本テレビ系で中継されたラグビーW杯「日本―スコットランド戦」(日産スタジアム)の平均視聴率が39・2%だったことが15日、分かった。瞬間最高視聴率は日本の勝利が決まった午後9時41分で53・7%だった。

 試合開始が3連休の中日に当たる日曜日の午後7時45分という好条件。先制されながらも前半で鮮やかに逆転し、後半も一進一退で気が抜けない展開だったことも視聴率を大きく上げる要因となった。

 今大会の日本の試合は初戦のロシア戦(日テレ)が平均18・3%、瞬間最高25・5%。2戦目のアイルランド戦(NHK総合)が平均22・5%、瞬間最高28・9%。3戦目のサモア戦(日テレ)は平均32・8%、瞬間最高46・1%だった。

 次戦の準々決勝は20日、NHK総合で生中継される。NHKは当初、BSでの中継のみを予定していたが、大河ドラマ「いだてん」の第40話を休止して総合での中継に切り替えることを決めた。

(関東地区、ビデオリサーチ調べ)