【ラグビーW杯】堀江が同郷のノーベル賞・吉野氏から刺激

2019年10月11日 16時30分

 ラグビー日本代表フッカーの堀江翔太(33=パナソニック)が吉野彰氏(71)のノーベル化学賞受賞に刺激を受けている。年齢も分野も全く異なるが、ともに大阪・吹田市出身だけに「吹田が騒がれているのは、すごくいいこと」。さらに吉野氏が、アイルランド戦の金星などを引き合いに「明るい話題で日本が大騒ぎするようなことが子供にとって、何か自分の将来を決める一つのきっかけにしてもらえればいいと思う」と発言。これを受けて代表フッカーは「子供たちが僕の背中を見て目指したいと言ってくれたらうれしい」とさらなる活躍を誓った。