【ラグビーW杯】スコットランド戦「台風中止」眼中になし 日本メチャクチャやる気

2019年10月11日 16時30分

ロックのトンプソン・ルーク(ロイター)

 ラグビーW杯日本大会組織委員会と国際統括団体ワールドラグビー(WR)は10日、台風19号の影響で12日の1次リーグB組ニュージーランド―イタリア戦(豊田)と同C組イングランド―フランス戦(日産)を中止すると発表した。

 日本は8強入りに向けてA組最終戦スコットランド戦(13日、日産)での勝利の準備を進めている。台風の影響で中止となれば、自動的に歓喜の瞬間が訪れるが、そんなムードはチーム内に皆無。攻撃担当のトニー・ブラウン・コーチ(44)は「戦い方については攻めるのか、守り勝つのかはスコットランドにバレるので言えないが、我々は準備万端で試合を楽しみにしているということ」と自信をにじませた。

 ロックのトンプソン・ルーク(38=近鉄)は「今は絶好調。めっちゃ試合に出たい」と話し、フッカーの堀江翔太(33=パナソニック)も「勝ってベスト8にいくと思っている。それ以外は考えない」と強調した。