【ラグビーW杯】藤井強化委員長「南アの分析始めている」

2019年10月07日 16時30分

 ラグビー日本代表の藤井雄一郎強化委員長(50)は6日、都内で会見を開き、負傷したメンバーについて「もう練習もやっているし、現時点で次の試合に出られない選手は一人もいない」と話した。

 第2戦アイルランド戦(9月28日)ではナンバー8のアマナキ・レレイ・マフィ(29=NTTコミュニケーションズ)が肋軟骨を痛め、5日のサモア戦にメンバー登録されていなかった。

 1次リーグA組を1位突破すれば、B組2位が有力な南アフリカと準々決勝で対戦する可能性がある。選手は13日のスコットランド戦に集中しているが「コーチ陣は絶対に(南アを)食ってやろうと分析を始めている」と語った。