【ラグビーW杯】アイルランド戦 リーチのスーパーサブは吉か凶か

2019年09月27日 16時30分

 大黒柱の“ジョーカー”プランは吉か凶か――。ラグビー日本代表は26日、W杯1次リーグA組第2戦のアイルランド戦(28日、静岡)の登録メンバーを発表。ロシア戦から多少の変更はあったものの、ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC=49)は現状のベスト布陣を選択した。そんな中、フランカーのリーチ・マイケル主将(30=東芝)はベンチスタートとなった。

 日本は第2戦でA組最強チームと激突する。W杯開幕前には第3戦サモア戦(10月5日、豊田)に全力を注ぐべく、ラグビー界では世界2位の強豪アイルランド戦に向けて主力の先発回避策がささやかれていた。悲願の8強入りを実現するための戦略だったが、指揮官は“負け戦”をするつもりは毛頭ないようだ。

 ロシア戦から入れ替わった先発は4人。途中出場で存在感を示したロックのトンプソン・ルーク(38=近鉄)、6日の南アフリカ戦で右肩を負傷していたナンバー8のアナマキ・レレイ・マフィ(29=NTTコミュニケーションズ)らが名を連ねた一方、リーチ・マイケル主将は先発を外れてリザーブ組に入った。

 首脳陣はリーチが3月に恥骨の炎症を引き起こして7月に復帰後も実戦経験が少なく、ロシア戦でのタックル数が先発FW陣最少の5回だったことなど、コンディション面を考慮。指揮官はこの日の会見で「われわれの目的を遂行するためにはよりレベルが高く、インパクトを与えるリザーブが必要だということ」と強調した。

 もちろん、ただベンチを温めるわけではない。初戦の後半でトンプソン、SH田中史朗(34=キヤノン)を投入して流れを取り戻したように、格上との一戦は「試合に勝つために最後の5分、10分でリーダーシップが必要」(同HC)と“切り札”として起用する方針だ。しかし、主将のスタメン不在は少なからず影響しそうだ。

 2試合連続で先発出場するCTB中村亮土(28=サントリー)は「リーチさんがいなくなってリーダーシップが欠けるところはあるが『リーチさんがいないことで自分がやらなきゃ』という責任感が出てくると思う」と前向きに語っていた。精神的支柱の起用法も大きなポイントになりそうだ。