ラグビー日本代表HO堀江 疲労骨折から順調に回復

2019年04月22日 20時36分

堀江翔太

 ラグビー日本代表HO堀江翔太(33=パナソニック)が22日、千葉・市原市内でスーパーラグビー(SR)のサンウルブズの練習に合流した。

 W杯日本大会(9月20日開幕)で主力として期待される男が、完全復活へ順調に歩みを進めている。昨年9月に右足疲労骨折を負い、早期回復に向けて、同11月に手術に踏み切った。その後リハビリを重ねて、ニュージーランド遠征中の3月29日に、日本代表候補選手で編成されたウルフパックの一員として実戦復帰した。

 ウルフパックの試合に計3試合出場し、W杯に向けてより強度の高い試合をするためサンウルブズに戻ってきた。26日のハイランダーズ(ニュージーランド)戦(秩父宮)に出場すれば、今季SR初出場。堀江は「(負傷した)足はもう大丈夫。どこかのタイミングでサンウルブズに行くのは分かっていたし、(SRの)高いレベルを経験していきたい」と意気込んだ。