小池都知事 ラグビー“レジェンド”2人従え「withBみたい」

2018年05月06日 15時15分

小池百合子東京都知事(左)と五郎丸歩

 小池百合子東京都知事(65)、2015年のラグビーW杯イングランド大会日本代表の五郎丸歩(32)、元日本代表の松田努氏(48)が6日、東京・秩父宮ラグビー場で行われた、来年開催されるラグビーW杯日本大会の「デイカウンター除幕セレモニー」に出席した。

 日本大会の開幕まで、8日でいよいよ500日前となる。小池都知事はお披露目されたデイカウンターを前に「すごいですね。ラグビーファンも待ち切れないのでは。心をひとつにして、この大会が素晴らしい記録と記憶に残る大会にしたい」と語った。

 大会アンバサダーを務める松田氏は「W杯の魅力は4年に一度、世界のトップクラスの選手が戦う機会。またボランティアで様々な方が参加できるのがいいと思う」と話した。

 セレモニー後の囲み取材では、小池都知事が「今日は五郎丸さんと松田さんで、withBみたいな形でサポートさせていただいて…」と冗談で笑わせると、松田氏も「2013年からアンバサダーをしているが、ボケッとしてたら、いつの間にか500日前になっていた」とジョーク。五郎丸は「500日あれば、いろんなことができる。アジアを代表する素晴らしい大会になれば」と意気込んだ。