• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 平昌五輪 > 【アイスホッケー】スマイルJ五輪初勝利 南北合同チームに4―1快勝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【アイスホッケー】スマイルJ五輪初勝利 南北合同チームに4―1快勝


3点目を挙げて喜ぶスマイルジャパン(ロイター)

【韓国・江陵14日発】アイスホッケー女子1次リーグB組最終戦で、5~8位決定戦に回る日本は韓国と北朝鮮の合同チーム「コリア」と対戦し、4―1で勝った。1998年長野、前回ソチの両大会はともに5戦全敗。今回も2連敗を喫していたが、13戦目で悲願の五輪初勝利を挙げた。

 世界ランキング9位の日本に対し、相手は22位(韓国)と格下。会場は北朝鮮の応援団が詰めかけ「コリア」の大合唱の中で試合は始まったが、日本が序盤から圧倒した。

 第1ピリオド開始2分、ゴール裏に回ったFW床秦留可(20)のパスを受けたFW久保英恵(35=ともに西武)が先制ゴール。さらに2分後、パワープレーで数的有利のところで、シュートのこぼれ球をFW小野粧子(36=御影グレッズ)が押し込んで2点目を挙げた。

 ベテラン2人の得点で勢いづいた日本だが、その後はなかなかゴールを奪えず、第2ピリオド10分にまさかの失点。DFの裏を取られてシュートを打たれると、GK藤本那奈(28=ボルテックス札幌)の足の間を抜かれた。「コリア」は今大会初得点。歴史的なゴールに会場内のボルテージは最高潮に達した。

 それでもスマイルジャパンは完全アウェーの中で奮闘。第3ピリオドに入って押し込まれるシーンもあったが、粘り強い守備でしのぐと、12分にDF小池詩織(24=道路建設ペリグリン)がパワープレーのチャンスからミドルシュートを決めて追加点。19分にはFW浮田留衣(21=ダイシン)がダメ押しゴールを奪いタイムアップ。歓喜の輪を作った後は、コリアの選手たちとタッチを交わして健闘をたたえ合った。

【編集部のおすすめ】

【新着記事】



【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中
アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は尼崎ボート「オールスター」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!