• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 平昌五輪 > 【フィギュア男子】羽生結弦が公式練習 4回転サルコーも成功

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【フィギュア男子】羽生結弦が公式練習 4回転サルコーも成功


公式練習に参加した羽生

【韓国・江陵14日発】男子フィギュアで66年ぶりの五輪連覇がかかる羽生結弦(23=ANA)が、江陵アイスアリーナ地下のサブリンクでの公式練習に参加した。宇野昌磨(20=トヨタ自動車)、田中刑事(23=倉敷芸術科学大大学院)も同じ時間帯に滑り、今大会初めての日本代表男子揃い踏みとなった。

 曲かけの順番が最後だったこともあってか、羽生はゆっくりと練習をスタート。これまでの2日間と同様、時間をかけてスケーティングを行った。

 20分ほどして、最初のジャンプ、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を決めると、続けざまに4回転トーループ3回転トーループも成功させた。

 その後、4回転サルコーに2度挑戦し、1回目は転倒、2回目は成功。ショートプログラム「バラード第1番ト短調」の曲かけではジャンプは跳ばず、スピンなどを確認した。

 40分間でジャンプはわずか4回と少なかったが、ブライアン・オーサーコーチ(56)と談笑するなど、表情は明るい。練習を終えると「ありがとうございました」と繰り返しながら、取材エリアを通過した。

【編集部のおすすめ】

【新着記事】



【関連記事】


ピックアップ
【GⅠオールスター競輪】武田豊樹がドリームレース勝利で生涯獲得賞金15億円突破!
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はまるがめボートSG「メモリアル」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!