• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 平昌五輪 > 【スピードスケート】高木美帆が1500M銀メダル獲得!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【スピードスケート】高木美帆が1500M銀メダル獲得!


銀メダルを獲得した高木美帆

【韓国・平昌12日発】平昌五輪スピードスケート女子1500メートルで、高木美帆(23=日体大助手)が1分54秒55で銀メダルを獲得した。

 最終14組に登場した高木美は、世界記録保持者のヘザー・ベルフスマ(米国)と“ガチンコ勝負”。序盤から快調なペースで進み、金メダルも視界に。だが後半得意の追い込みが決まらず、優勝したイレイン・ブスト(オランダ)に0・2秒差で金メダルを逃した。それでも、この種目では橋本聖子(銅メダル)以来26年ぶりとなる価値あるメダル獲得だ。

 10日の3000メートルは5位に終わったが、1500メートルは今季W杯で4戦全勝と圧倒的な強さを示してきた。「スケート界のミポリン」と呼ばれ、中学3年の15歳で出場したバンクーバー五輪から8年。ソチ五輪では落選という失意を乗り越えて、大輪の花を咲かせた。

 高木美は14日の1000メートル、大会後半の団体追い抜き(パシュート)にも出場し、複数メダルを狙う。

 また、2組で滑った短距離エースの小平奈緒(31=相沢病院)は1分56秒11で6位だった。「初戦としてはまずまず。しっかりと1000メートルにつながる滑りができた」といい、得意の1000メートル(14日)と500メートル(18日)で2冠を目指す。

 13組の菊池彩花(30=富士急)は1分58秒92で16位だった。

【編集部のおすすめ】

【新着記事】



【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中
アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は尼崎ボート「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!