• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > その他 > 【柔道】JRA退社でプロ転向 原沢久喜の今後

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【柔道】JRA退社でプロ転向 原沢久喜の今後


原沢(中)は子供たちへの指導の合間に笑顔を見せる

 柔道の世界選手権(9月、アゼルバイジャン・バクー)男子100キロ超級代表で、リオ五輪同級銀メダルの原沢久喜(25)が事実上の“プロ”になる。

 4日、都内で全国少年柔道大会合同錬成に参加し、350人の小学生を指導した。4月29日の全日本選手権を激闘の末に制し、子供たちの人気は沸騰。「(テディ)リネールを倒してください!」と声をかけられて終始、穏やかな表情を見せた。4月いっぱいで日本中央競馬会を退社した原沢のもとには複数の企業から支援のオファーが届いている。本人は今後について特定の企業には就職せず、スポンサーとしてサポートを受ける姿勢を表明した。

 形的にはプロと同じで「どこか会社に入ってというつもりはなくて、活動費をサポートしていただけるところを探してやりたい。カネがこれだけ欲しいとかっていうわけではないので、そういう話ができ次第、決められればいい」と話した。

 指導を仰ぐコーチも一人には絞らない。「いろんな人から吸収して自分で自分を客観的に見ることも今後、大事になってくる。また成長できる部分がある」。全日本男子の井上康生監督(39)、重量級の鈴木桂治コーチ(37)には引き続き助言を求めていく。

 すでに都内で人生初の一人暮らしもスタートさせた。料理も自身で作っており「意外に快適」と笑う。2020年東京五輪での金メダル獲得へ、男一人、裸一貫からの勝負だ。「自分自身、柔道で結果を出すと決めてこういう決断をした。戻るところをなくしたつもりなので、新たな気持ちで目標に向かってやっている」。原沢は熱いまなざしで語った。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。西野ジャパンはセネガルと引き分け1勝1分。次戦は28日にポーランドと対戦する。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース徳山SG「第28回グランドチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!