• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > その他 > 【ボクシング】井上尚弥 体重超過の比嘉に厳しい言葉

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ボクシング】井上尚弥 体重超過の比嘉に厳しい言葉


スパーリングを行った井上尚弥

 WBA世界バンタム級タイトルマッチ(5月25日、大田区総合体育館)で3階級制覇に挑む井上尚弥(25=大橋)が17日、横浜市内のジムで本格的なスパーリングを開始した。

 この階級では異例ともいえるほどの長身(178センチ)の王者ジェイミー・マクドネル(32=英国)を想定して英国からパートナーを呼んだが、井上は早速“怪物”ぶりを見せつけた。

 4ラウンドのスパーリングの2ラウンド目。左ボディーをヒットさせるとパートナーは思わずヒザをついて、しばらく動けなかった。

 2014年12月にオマール・ナルバエス(42=アルゼンチン)を2ラウンドKOで破った時をほうふつさせるパンチ。しかも試合用(8オンス)よりはるかに衝撃が少ないはずの14オンスのグローブで奪ったダウンだけに、破壊力のすごさが分かる。

 何とかスパーリングは再開されたが、そこからは足を使う相手を終始追う展開になってしまった。もの足りなさが残る印象となったものの、井上は「この時期にガチガチ打ち合うよりも、ああいう展開の練習ができたので。マクドネルと同じ身長の相手とやって、イメージをつかみたかった」と収穫を口にした。

 15日には比嘉大吾(22=白井・具志堅)が、計量をパスできずにWBC世界フライ級王座を剥奪されるという、日本人世界王者では初の衝撃的な出来事があった。

 自身も減量苦がつきまとい、ライトフライ級時代には最大12キロの減量を経験。試合前2週間で10キロ落としたり、計量前の3日間飲まず食わずで1・9キロ落としたこともあるという井上は「僕の場合、最後は気合と根性でした。(試合を)やると決めた以上はプロとして体重はつくらないと」と厳しく話した。

 一方で「メンタルがやられていると思うので、しっかり休んで復帰してきてほしい」と、連続KOの日本記録更新がかかった試合で悪夢のTKO負けに終わった比嘉の状態を気にかけている様子だった。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【サマーナイトフェスティバル】五輪4大会連続出場を目指す渡辺一成が初制覇!
後位から自力に転じた渡辺一成が、当大会初制覇を飾った!

【SGオーシャンカップ】毒島誠が3回目のSG制覇!
コンマ13の好スタートを決めた毒島誠が、2コースから豪快なまくりで抜け出して優勝!

2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。フランスが20年ぶり2度目の優勝!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース若松SG「第23回オーシャンカップ」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!