• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > その他 > 【全国高校柔道選手権】故斉藤仁氏の次男・立を山下泰裕会長ベタボメ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【全国高校柔道選手権】故斉藤仁氏の次男・立を山下泰裕会長ベタボメ


国士舘高の優勝に貢献した斉藤

“スーパーサラブレッド”が早くも覚醒だ。柔道の全国高校選手権最終日(21日、東京・日本武道館)、男子団体決勝で東京・国士舘高1年の斉藤立(たつる=16)が大活躍。大将を務めて相手の奈良・天理高の副将に体落とし、大将には内股でそれぞれ一本勝ちし、逆転優勝に貢献した。

 ロサンゼルス、ソウル五輪重量級金メダルの故斉藤仁さん(享年54)の次男。1年生ながら男子最優秀選手に選ばれ「決勝では思い通りに動けた。練習したものを出せた」と言い、天国の父に対しては「この結果を報告しても“まだまだ”と言われる」とさらなる成長を期した。

 何といっても190センチ、155キロの巨体の持ち主だ。しかも超人的な身体能力の持ち主だった亡き父のDNAを受け継いでいる。「あの体であれほどきれいな内股はできない。よく攻めるし、組み手もうまい。今まで見てきた重量級の選手の中でも可能性は最高」と大絶賛するのは、全日本柔道連盟の山下泰裕会長(60)だ。

 現役時代には亡き父とライバル関係にあり、その実力を誰よりも知っている山下会長が「お父さんの魂がこもっていて、お父さんを超える可能性がある。日本の重量級は明るい」と斉藤ジュニアの将来性に太鼓判を押した。無敗を目標とする斉藤はシニアの大会にも活躍の場を広げるつもりで「お父さんやお母さん、応援してくれる人に恩返しする」と2020年東京五輪代表にも名乗りを上げた。 

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅠ競輪祭】小倉競輪場で20日開幕!
注目選手のインタビュー、推奨レース予想を動画で配信!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は芦屋ボート「SGチャレンジカップ」「GⅡレディースチャレンジカップ」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!