• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > その他 > 【GPファイナル】宇野はSP2位「珍しい失敗で面白かった」4回転サルコーで逆転狙う!

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【GPファイナル】宇野はSP2位「珍しい失敗で面白かった」4回転サルコーで逆転狙う!


着地に失敗し舌を出した宇野

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナル(日本ガイシホール)男子ショートプログラム(SP)が7日行われ、日本人で唯一出場の宇野昌磨(19=トヨタ自動車)は101・51点で2位発進となった。首位のネイサン・チェン(18=米国)は103・32点。

 演技を終えた宇野はペロリと舌を出して苦笑い。後半のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は着氷したかに見えたが、直後にバランスを崩して転倒。「いつもより力を入れて体を締めたら、余裕があり過ぎて氷がなかった。珍しい失敗で面白かった」。転倒があったにもかかわらず、採点を待つ間は樋口美穂子コーチ(48)と笑い合った。

 想定外のミスはあったが、その他は納得の内容。冒頭の4回転フリップ、4回転—3回転の連続ジャンプはきっちり成功させた。「いつも通りやればいいという気持ちで久々に試合で緊張しなかった。昨シーズンも同じことを言ったことがあった気がするけど、そんな感じでした」。地元・名古屋で期待に応える演技を見せた。

 8日のフリーでは4回転サルコーに挑戦予定。すでに試合で成功はしているジャンプだが、このところはプログラムに取り入れられない状態が続いていた。

「フリーでは不確定要素が多いけど、確実に跳べる4回転トーループ、トリプルアクセルはしっかり降りて、挑戦するジャンプは楽しみたい」。成功させれば、今大会での逆転Vにつながるのはもちろん、今後に向けても大きな武器になるのは間違いない。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
今年もやります「ザッツPOG」好評発売中
アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は尼崎ボート「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!