• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > その他 > 陸上にも男女混合ブーム到来 桐生らが挑戦する日も近い?

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

陸上にも男女混合ブーム到来 桐生らが挑戦する日も近い?


【スポーツ情報局】

 五輪担当記者:男女混合ブームが来てますね。

 デスク:2020年東京五輪では柔道、卓球などで男女混合競技が実施されるね。国際オリンピック委員会(IOC)が掲げる男女平等の理念を反映してるんだろ。

 記者:陸上も、です。男女混合で1600(4×400メートル)リレーの実施が決定。10月末の日本選手権リレーで「特別対策種目」として初めて行われました。男女の走順はチームごとに決めてOK。女子のほうがどうしても遅くなるので、男女をどう配置するかの戦略が必要になりますね。

 デスク:陸上でリレーといえば、男子100メートルで日本人初の9秒台を出した桐生祥秀(21=東洋大)らの男子400(4×100)メートルリレーが思い浮かぶよな。昨年のリオ五輪でも銀メダルを獲得したし、今夏の世界選手権でも銅メダル。男女混合でも面白そうだけど、こっちはやらないの?

 記者:そうなんですよね。でも、将来的には短距離選手にもお鉢が回る可能性もありそうですよ。日本陸連の伊東浩司強化委員長(47)は「すでに海外ではウサイン・ボルトも参加して男女混合400メートルリレーを行っている。今後、400メートルリレーでも、という流れになるでしょうね。桐生くんたちがいつまで現役を続けるかは分かりませんが、本人たちが望めばいずれ挑戦の機会があるかも」と話しています。

 デスク:そうか、種目が増えれば選手は大変だけど、話題を呼びそうだな~。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
「平昌五輪」羽生結弦、小平奈緒が金メダル!
4年に一度の大舞台に挑む注目選手の情報、競技速報をお届けします!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
たんぽぽ賞(20日、佐賀競馬場)

【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!