• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > その他 > 【ボクシング】井岡一翔が世界王座返上 父・一法会長「結婚してから練習できていない」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ボクシング】井岡一翔が世界王座返上 父・一法会長「結婚してから練習できていない」


井岡(囲み写真)の現状を報告する井岡一法会長

 ボクシングの井岡ジムは9日、大阪市内で記者会見を行い、同ジムに所属する井岡一翔(28)が5度防衛したWBA世界フライ級王座をこの日付で返上したことを発表した。

 会見には父でもある井岡一法会長(50)ひとりが出席。WBAからはランク1位アルテム・ダラキアン(30=ウクライナ)との対戦指令が出ていたものの「5月に結婚して以降、東京に生活の拠点を移してジム(大阪の井岡ジム)にコンスタントに来ていない。今から準備したのでは大みそかに間に合わない。相手の選手もあることだし、ということで1週間ぐらい前に『王座返上』を決めた」と話した。

 2011年以来、一翔が大みそかに試合をすることは関西の暮れの風物詩ともなっていたが、今年はノンタイトル戦も含めて試合は行われない。

 一翔は今年4月22日にノクノイ・シットプラサート(30=タイ)を判定で下してV5を達成。5月には歌手の谷村奈南(30)と結婚した。

 一法会長は「結婚生活がいろいろとある中で、今までみたいに切磋琢磨していない。コンスタントに練習ができていない」と、プライベートの変化が今回の結論につながったと説明する。

 気になる今後について同会長は「二つに一つしかない。もし身を引く、ということになれば、きちんと『引退式』をやる」と、このまま引退となる可能性に言及した。

 ただし最近も何度か話し合いの場を持ったという一法会長は「週に3~4回は走ってるしウエートも60キロぐらい。(ボクシングを)やる気がないのなら、走ったりはしないと思う」と現役続行の可能性が高いとの見方を示した上で「スイッチが入れば早いし、その時は井岡ジムとしても応援していく」と全面サポートを明言した。

 引退や階級変更を前提としない異例の王座返上。来年以降にどのようなボクシング人生を歩むかが注目される。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【サマーナイトフェスティバル】五輪4大会連続出場を目指す渡辺一成が初制覇!
後位から自力に転じた渡辺一成が、当大会初制覇を飾った!

【SGオーシャンカップ】毒島誠が3回目のSG制覇!
コンマ13の好スタートを決めた毒島誠が、2コースから豪快なまくりで抜け出して優勝!

2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。フランスが20年ぶり2度目の優勝!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース若松SG「第23回オーシャンカップ」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!