• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > その他 > 【ジャンプ】高梨沙羅 平昌五輪への収穫は「お尻」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ジャンプ】高梨沙羅 平昌五輪への収穫は「お尻」


調整は順調な高梨

 ノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅(20=クラレ)が平昌五輪に向け、上々の手応えをつかんだ。

 ロシア・チャイコフスキーで行われたグランプリ(GP)最終戦で優勝し、総合6連覇を達成した高梨は12日、成田空港に帰国。最大の収穫となったのは着地時のテレマーク姿勢の改善だ。これ以上飛ぶと危険とされるヒルサイズを越えてもピタリと決め、飛型点はオール19点をマーク。高梨は「気合で(テレマークを)入れてお尻の筋肉で耐えるということを意識した」と頬を緩ませた。

 GP5戦すべてに帯同した鷲沢徹コーチ(43)も目を細める。

「最近ないような飛型点をいただくようになった。新しい技術を取り入れるよりも『今できることをしっかり』っていうのができている」

 同時に、もう一つの目標もクリアした。世界選手権連覇のカリーナ・フォクト(25=ドイツ)や同銀メダルの伊藤有希(23=土屋ホーム)が不参加の状況で、こだわったのは「圧倒的に勝つ」こと。「点数を見ても分かるように、圧倒的に勝つことができてよかった。自信になったと思う」と鷲沢氏は総括し、エースのさらなる成長を期した。

 次戦は11月3日の全日本選手権(札幌)。高梨はスロベニアや平昌五輪のジャンプ台と近い白馬を候補にトレーニングし、強化を進める方針だ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
松阪競輪GⅢ「蒲生氏郷杯王座競輪」(25日開幕)
注目選手のインタビューを公開!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
ヒロインズカップ(21日、帯広競馬場)

【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子の3人

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!