• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > その他 > 【世界陸上】日本 男子400Mリレーで銅メダル 藤光「ケンブリッジ、ハキームの分まで頑張ることができた」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【世界陸上】日本 男子400Mリレーで銅メダル 藤光「ケンブリッジ、ハキームの分まで頑張ることができた」


世界陸上、男子400Mリレーで日本は銅メダルを獲得(左から藤光、桐生、飯塚、多田)

【英国・ロンドン12日(日本時間13日)発】陸上の世界選手権第9日、男子400メートルリレー決勝で日本は38秒04で3位に入り、銅メダルを獲得した。この種目は昨年のリオデジャネイロ五輪2位に続く表彰台で、世界選手権では初のメダル。また、今大会の日本勢のメダル第1号となった。

 予選1組を3位(全体6番目)で通過した日本はアンカーをケンブリッジ飛鳥(24=ナイキ)からベテランの藤光謙司(31=ゼンリン)に代え、多田修平(21=関学大)、飯塚翔太(26=ミズノ)、桐生祥秀(21=東洋大)、藤光の走順で決勝に挑んだ。

 またもリレーの強さを見せつけた桐生は「応援してくれた皆さんに、メダルを持ち帰ることができます。(リオ五輪から)2年連続メダル獲得で、日本のリレーが注目されるので今後につなげたい」。藤光は「去年走れなかった思いもあった。皆さんの応援が支えになりました。予選を通過してくれたケンブリッジ、サポートしてくれたハキーム(サニブラウン)の分まで頑張ることができた」と感謝した。

 優勝は英国(37秒47)、2位は米国(37秒52)。ジャマイカは引退レースとなるアンカーのウサイン・ボルト(30)が途中で脚を痛めて失速。5連覇を逃したが、ボルトは仲間に支えられながら、歩いてゴールラインを通過した。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【とこなめボート】GIII「レディース笹川杯」
ボートレースとこなめで開催されるGIII「レディース笹川杯」の選手インタビュー、推奨レース予想など動画コンテンツを配信!

【千葉競輪】GIII滝沢正光杯
選手インタビュー、推奨レース予想など動画コンテンツを配信!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
参加者は150人限定。“初代チャンピオン”を目指そう!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は若松ボート・SG「メモリアル」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!