• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > その他 > リオ73キロ級金・大野将平 95キロの池田に一本負け


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リオ73キロ級金・大野将平 95キロの池田に一本負け


池田に一本負けを喫した大野(下)

 体重無差別で柔道日本一を決める全日本選手権(29日、東京・日本武道館)で、注目のリオデジャネイロ五輪73キロ級金メダルの大野将平(25=旭化成)は、池田賢生(28=日本中央競馬会)に一本負けを喫し初戦の2回戦で敗退した。

 

 95キロの池田に対し、78キロしかない小兵の大野が序盤から真っ向勝負に出た。場外際では得意技の内股を放ったが、体重差はいかんともしがたく決まらない。本戦は互いに指導1つずつで、ゴールデンスコア方式の延長戦に突入。さすがにスタミナの消耗は激しく、不用意に指導を取られてしまう。

 

 それでも、館内から「大野、頑張れ!」の声援が飛ぶ中、何とか粘った。力を振り絞って攻めていったが、延長4分54秒、大外刈りをまともにくらって一本負けとなった。

 

 合計9分54秒にも及ぶ激闘を終えた大野は「恐怖心はあった」と言いつつも「逃げたら、自分が自分じゃなくなる。あえて厳しい戦いに挑みたかった。(出場は)一つの使命と思っていた。負けて悔しいけれど、今後に生かしていきたい」とさばさばした表情。リオ五輪まで支えてくれた柔道ファンや関係者の期待に応えるために、出場を決断したという。

 

 最後に、体重無差別の戦いにさらなる挑戦があるのかとの問いにも「もちろんあります」と力強く答えた。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!