• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > その他 > 高野人母美「引退」騒動で協栄ジム数百万円損失

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高野人母美「引退」騒動で協栄ジム数百万円損失


会見で高野は神妙な表情で頭を下げた。右は金平会長

 不用意発言の代償は高いものに…。突然の引退宣言をした“9頭身モデルボクサー”高野人母美(28)と、これに激怒していた所属の協栄ジム・金平桂一郎会長(50)が27日、都内で会見した。高野は「引退」を撤回したものの、来月6日の試合は中止に。この騒動の影響で、同ジムは数百万円もの収入を失うことになったという。

 

 高野は「不用意な発言で、皆さまにご迷惑をおかけしたことをおわびいたします」と神妙な面持ちで語った。

 

 金平会長が海外出張で不在だった18日の会見で、6月6日に予定された次戦での引退を突然、ブチ上げた。高野は「甘えとか、試合へのプレッシャーとかがあって思わず(引退と)言ってしまった」と、発言の真意について説明。24日に金平会長に会い謝罪した。

 

 盛り上げるための“リップサービス”の意味合いもあったが、「引退」はスポーツ選手が軽々しく使うべき言葉ではない。事前に何も聞かされていなかった協栄ジムのスタッフは激怒。「寝耳に水」だったのは金平会長も同じで、試合の中止を決定した。

 

 ただし、メーンのWBC女子世界ミニフライ級王者・黒木優子(25=YuKO)のV4戦など、他の試合は予定通り行われる。現役続行となった高野も2ラウンドのエキシビションマッチを行うが「二枚看板」の一つが消滅したことで、予定されていたテレビ中継が中止に。これに伴い、テレビに映ることが前提で契約していたスポンサー契約も解約となり、放映権料と合計で数百万円の収入が吹っ飛んだ。

 

 本来なら損害賠償ものだが「プロモーターですから、私がかぶります。ま、親心ですね…」と金平会長は涙目になりながらも、高野に対して金銭的補償は求めない考えを示した。

 

 今後の試合予定は、当然のことながら白紙。金平会長は“再起”の条件について「地方や海外に行く時以外は、毎日必ずジムに顔を出し、短時間でも練習すること。これまでは時間がないから、とジム以外の練習で済ませることもあったけど、それでは体調も把握できない。そうやってコツコツ積み重ねて、スタッフの信頼を回復すること」と話した。

 

 この“恩”に報いるために、高野は死に物狂いになるしかない。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!