• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > その他 > 柔道・原沢 持病のぎっくり腰で調整に不安


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

柔道・原沢 持病のぎっくり腰で調整に不安


原沢は意気込みを語ったが…

【リオ五輪 栄光へのメッセージ】リオ五輪柔道男子100キロ超級代表の原沢久喜(23=日本中央競馬会)によもやの急ブレーキがかかった。23日、ワールド・マスターズ大会(メキシコ)に向け、成田空港を出発したが「ぎっくり腰をやりました。なんとか腰を曲げて家までたどり着きました」と告白した。6日のトレーニング中に痛め、1週間練習を離脱。体重は一時、118キロまで減少し「練習が積めていない心配がある」と不安を口にした。

 

 ぎっくり腰は持病で、大学時代から半年ごとに発症。「いつも疲れがたまってくると出てくる」という。治し方は心得ているものの、痛みについては「それは変わらないですね。風呂にも入れず、座るのも痛い」と思い出したくもない様子だ。人によっては激痛のあまり、入院するケースもあるが「はりを打って、あとは家でゴロゴロ」とひたすら耐えるのが原沢流。精神的なダメージもかなりのものだったことを思えば、リオ五輪直前でなかったことが不幸中の幸いだろう。

 

 今は痛みは消え、試合への影響も否定したが、飛行機による長距離移動は腰への負担も大きい。「体を冷やさないようにして、ひたすら寝たい」と原沢は“難敵”の対策に余念がなかった。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!