• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > その他 > WBC美人世界王者・黒木優子 今年の目標は統一王者  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WBC美人世界王者・黒木優子 今年の目標は統一王者  


ベルトを肩にかけ笑顔のWBC女子世界ミニフライ級王者・黒木優子

 博多が生んだ美女ボクサーが世界へ飛躍する! WBC女子世界ミニフライ級王者の黒木優子(24=YuKOフィットネス)がこのほど、東京・江東区の東京スポーツ新聞社を訪問。美人世界王者は、2016年の目標を「統一王者」と言い切った。

 メークをバッチリ決めて、服は白いワンピース。ボクサーらしからぬ格好で現れた黒木は「男っぽくなりたくてボクシングを始めたわけじゃありませんし『野蛮』と思われているスポーツのイメージを変えるためにも私生活は女の子らしくしています」と説明した。

 趣味は「これでストレス解消しています」という料理づくり。14日のバレンタインデーには、何と200個ものチョコを手づくりする予定だとか。この日のスタイルも特別なものではなく、私服はワンピースが中心という。

 だが、話題がボクシングに移ると格闘家の表情になった。先週末にはメキシコで開催されたWBC女子総会に出席。ここでWBA世界女子ミニマム級王者で、かつては黒木の持つベルトを保持していたアナベル・オルティス(29=メキシコ)から統一戦をアピールされる場面もあった。「偉い人がたくさんいる前で『ハイ!』と即答しました」

 実現に向けた交渉などはまだこれからだが、統一戦まで王座を防衛し続けなければ意味がない。まずは夏前に見込まれるV4戦へ、現在は下半身や体幹の徹底した強化に取り組んでいる。

 整った顔立ちからは殴り合う姿は想像できないが、これまでに鼻骨骨折を2回。昨年12月のV3戦では右まゆ付近を10針縫った。それでも「ボクシングをやってる以上は切ることもある」と意に介さない。

 今月からは、東洋太平洋スーパーフライ級王者で“9頭身モデルボクサー”こと高野人母美(28=協栄)と同じマネジメント事務所に所属することになった。練習拠点はこれまで通り福岡・博多区のYuKOジムだが、東京で試合をすることも増えそうだ。

「だから、合言葉は『博多から全国区へ』です」(黒木)。さらにその先にはもちろん、世界を舞台にして活躍することを見据えている。博多が生んだ美女ボクサーが全国区、さらに世界に飛躍する。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!