• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > その他 > モデルボクサー高野人母美「KO負け後に救急搬送」「全身麻酔で手術」告白

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モデルボクサー高野人母美「KO負け後に救急搬送」「全身麻酔で手術」告白


試合直後の顔を撮影した写真を見せる高野

“9頭身モデルボクサー”高野人母美(28=協栄)が自身初の世界挑戦となった11月11日のWBO女子世界スーパーフライ級タイトルマッチ後に救急車で搬送されていたことを22日に自身が明かした。また試合では鼻骨を骨折し、全身麻酔の「手術」をしたという。

 ダニエラ・ロミナ・ベルムデス(26=アルゼンチン)に4回KO負けした後、明け方になって吐き気を催した高野は自分で119番。救急車で病院に運ばれ、CTスキャンによる検査を行った。

 幸い脳に異常はなかったものの、鼻骨骨折の疑いが判明。13日に別の病院で再度検査を行ったところ「鼻が折れていたので全身麻酔して『手術』したんです」(高野)

 手術、といってもメスを入れたわけではなく「治療」に近いレベルのもの。男子ボクサーなら麻酔をせずに施術してしまうこともあるが、モデルの職業と、試合から2日たったことを考慮。鼻には局所麻酔ができないため全身麻酔となった。

「手術、の表現がオーバーすぎる って言う人もいますけど、本当に痛かったんです!」(高野)

 この日は特別講師を務める尚美学園大(埼玉)で1年生を対象にしたトレーニング指導を行った。

「教え方っていろいろな方法があるから難しい。昨日も準備で徹夜になってしまいました」と打ち明ける。

 6月に東洋太平洋女子スーパーバンタム級王者となり(王座は現在も保持)、その勢いで臨んだ世界戦は悔しい結果に。

 激動の2015年を終え、来年も様々な話題を提供してくれることを期待したい。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!