• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > その他 > 羽生 五輪連覇への鍵は「休養」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

羽生 五輪連覇への鍵は「休養」


【中国・上海27日発】フィギュアスケートの世界選手権男子ショートプログラム(SP)で、日本人初の連覇を目指す羽生結弦(20=ANA)が95・20点の今季ベストで首位に立った。今季は故障やアクシデント続きだったにもかかわらず、安定感のある演技を見せて世界トップの座をキープ。夢の2018年平昌五輪での連覇に向け、大きなカギになるのが「お休み」だ。

 

 羽生が登場すると、女性ファンの悲鳴にも似た歓声が会場中にこだました。冒頭の4回転トーループで着氷が乱れたが、転倒せずこらえる。助走が短く難しいトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を鮮やかに決めると、今季不調だった3回転ルッツ―3回転トーループの連続ジャンプも成功。“定位置”の首位でフリーに折り返した。

 

 羽生は「一つひとつ全部楽しんでできた。4回転ジャンプでミスがあってちょっと悔しいが、明日に向けてのいい課題」と笑顔を見せた。ブライアン・オーサー・コーチ(53)も「素晴らしかった。徐々に力強くなっていった」と愛弟子の演技を絶賛した。

 

 一つのジャンプでミスをしても、他の要素と表現力できっちりカバーしてしまう強さが羽生にはある。「羽生は強い。世界一の選手。彼に勝つのは容易ではない」と2位につけたハビエル・フェルナンデス(23=スペイン)も脱帽するほどだ。このままいけば、18年平昌五輪でも十分連覇が狙える。そのために何より大切な課題が休養をとることだという。

 

「最近は世界選手権シーズンが終わっても、行事が多すぎて休む時間がとれない。しっかり休むことも大切なこと。ケガをしっかり、治しきらなければ」(あるフィギュアスケートコーチ)

 

 今季の羽生はまさに故障とアクシデント続きだった。前半には腰を痛め、昨年11月の中国杯では中国選手と衝突し、左大腿部など5か所を負傷した。昨年末には尿膜管遺残症のため、腹部を4センチ切る手術を受けた。今年に入っては右足首を捻挫。それでも、試合に出場し続けた。

 

 世界選手権が終わっても、4月には日本が出場する国別対抗戦(東京)やアイスショーなど絶え間なくイベントが続く。日本フィギュア界の顔になった羽生にオファーが殺到するのは当然のことだが、先を見据えれば休む勇気も必要だというのだ。

 

 28日のフリーに向けては「演じられる幸せを感じて滑りたい」と話した若き王者。今後の長期政権樹立へ、まずは体調を万全にしたいところ。それを維持できれば、3年後まで“絶対王政”が続きそうだ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!