• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > その他 > 空手五輪入りへ大きな一歩!フルコン初の統一大会大成功

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

空手五輪入りへ大きな一歩!フルコン初の統一大会大成功


男子重量級決勝は山本和也(左)が島本雄二を下した

 直接打撃制のフルコンタクト空手で初の統一大会となった「第1回全日本フルコンタクト空手道選手権大会」(18日、大阪市中央体育館)は超満員1万人の観衆を集め、大成功に終わった。

 

 最速で2024年五輪種目入りを掲げ、国内236流派が団結。ミュージシャンの長渕剛(57)もスペシャルライブで花を添えたため、会場は立ち見も出るほど。

 

 主催の全日本フルコンタクト空手道連盟理事長で新極真会代表理事の緑健児氏(52)は「今までにないレベルの高い大会になった」と興奮気味に総括した。

 

 来賓として駆けつけた世界最大のスポーツ団体「スポーツアコード」のマリウス・ビゼール会長(56)も「とても運営のしっかりした大会。若い世代を含め、多くの人々に空手が愛されている証しだと思う」と高く評価。ただし、五輪採用には「すべての空手ファミリーの協力が必要。五輪には『一つの空手』しか入れない。それが唯一の道のりです。五輪の基準に合うルールをみんなで団結して作っていかないといけない」との見解を示した。

 

 フルコン内だけの“統一”ではなくポイント制の伝統派との融合の必要性を訴えたが、緑氏は「現実的な話だと思う」と受け止めつつ伝統派とのルールの違いを強調。「クロールと平泳ぎくらいルールが違う。みんなが頑張れば二つのルールで五輪に入れる。夢を諦めないでロビー活動をやっていきたい」と話した。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!